2008年08月04日

霞が関、期待と安堵 福田改造内閣

霞が関、期待と安堵 福田改造内閣
----------------------------------------------------------------
2日正式に発足した福田改造内閣に対し、霞が関の中央官庁の官僚からは、「ベテランが並ぶ布陣で、安定した政権運営が期待できる」と歓迎の声が出ている。伊吹文明財務相や与謝野馨経済財政担当相など主要な経済閣僚に、財政規律を重視する人材を配したため、財務省は「財政再建が進む」と期待。公務員制度改革で官僚批判を繰り広げた渡辺喜美行政改革担当相が閣外に去ったことに、安堵(あんど)の声も漏れ、改革の先行きに不透明感も漂う。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080803AT3S0201B02082008.html
----------------------------------------------------------------
霞ヶ関というより特に財務省では今回の内閣改造を歓迎しているようです。
財政再建派や消費税増税を発言する方が大臣になったからなんでしょうか?
公務員制度改革を進めていた渡辺喜美が大臣から外れたことは私たち
国民にとってはマイナスでしょうが、官僚からするとプラスなんでしょ
うね。

消費税増税論議がまた挙がってきていますが、おそらく解散
総選挙をやった後でないと増税できないでしょうね。自民党は、これま
でも税制改革で、惨敗したりしていますから。
しかし、無駄な支出を削らずに、消費税増税によって問題解決を図ろう
とする官僚って、ほんとに頭が良いのでしょうか?

足りない部分を増税で賄うのなら、だれでもできそうですよね。それを
増税せずに、効率よく行うんなら問題ないんですけど、非効率なやり方
をしながら、自分たちが国を動かしているみたいな気持ちでは私たち
国民は困りますよ。

民主党には、野党第一党として、与党を監視し、無駄の無い予算編成が
行われるようにきっちりとがんばって欲しいですね。
posted by 経済予報士 at 07:12| Comment(4) | 日本経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。